加工されていない情報が欲しいと思う今日この頃。

0

    昨晩、ツイッターを眺めておりますと、北朝鮮の軍事パレードを取材に行った各国のジャーナリストのツイッターが微妙な緊迫感に包まれておりました。


    「予定していたフライト時間から7時間も経つけれど遅延している理由のアナウンスが無い」

    「過去に公式のアナウンスが無くここまで遅延した事は無かったかも」


    的な内容なのですが、そのジャーナリストさんとツイッターでやりとりしている方達とのやりとりがなかなか緊張感があり、色々なアカウントを渡り歩き


    「天候の状況と北京空港サイドの問題」


    との可能性が高いとわかりました。


    僕は丁寧語と尊敬語はネイティヴですが英語がとても不自由でして、緊迫感や緊張感のある無しは単純にツイートされている単語の語彙や翻訳から推察しているだけに過ぎず、勝手に大袈裟に受けとっただけかもしれません。


    しかし、140文字というツイッターの文字数制限が良い意味で文字の装飾を削り、感想や印象などではなく


    「今どうで、どうなる予定」


    的な必要最低限の情報が頻繁にツイートされており、その単語の語彙だけを繋ぐとどことなく逼迫した状況を想起してしまい、勝手に心配しながら情報収集に勤しんでおりました。


    結果、全く無関係ではありますが9時間遅れでフライトし無事に北京に到着したというツイートを見てとても安堵致しました。


    今、世の中は情報がいっぱいあって、これまで信じて疑わなかった新聞やテレビのニュースにそれぞれの主義が存在するという事を大人になって知りました。


    それぞれの主義にそれぞれの真実があって、その主義にそった情報はそれぞれの主義に即した加工をされて僕に届きます。ツイッターやFBを含むインターネットもその発信者の主義に即した加工がなされているので、世の中に主義や思惑によって加工されていない情報など無いのだと僕は思っております。


    なので、今回のように主義や思惑が入りにくい状況下で発信された


    「状況と経緯のみ」


    の情報というのはとても新鮮で、様々な国籍の様々なアカウントのツイートを追いつつ、グーグルで平壌の位置や北京への空路の事や天候などを自分で調べる事により、ほぼ無加工の情報に触れる事の楽しさを知りました。


    アメリカのCIAだかFBIは


    「情報を収集する部署」



    「情報を分析する部署」


    に完全に分業しているそうです。


    理由は収集と分析を同時に行うと収集の過程で生じた必要外の情報によるバイアスが生じる可能性が高く、分析の精度が落ちるからだそうです。


    かなり難しいとは思いますが、無加工の情報を垂れ流すニュースやラジオやペーパーやサイトがあればええなあとふと思った次第であります。



    何も起き無いとええなあ。









    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM